リレーエッセー 第86弾

「健康のために毎日のウォーキングや町歩きを楽しんでいます。」

枝吉 六郎(II15ED)

勤めをやめ、完全にリタイアして3年目を迎えている。 当時、これから元気で生き生きした生活を送るには何をすればと思いウォーキングを始めた。 足腰の弱り、衰えは老化を早めると言われている。 歩くことはいつでも、どこでも簡単に、手軽に出来る運動である。 また、丁度その頃には、持病のおしりの病気を治していた。 以来朝夕2回2時間〜4時間ぐらいかけて10k〜20k程度歩いている。


歩くコースはJR垂水〜塩屋間の国道2号線沿い南側に緑地帯がある。 そこは主として松や楠、その他の雑木林になっている。 その中に遊歩道が通っている。 両側には桜やつつじが植えられ春はこれらの花見をしながら気分良く歩いている。 夕方にはJR垂水駅から西へ海岸沿いにマリンピア神戸があり、そこからアヅュール舞子の方まで潮風を受け、明石海峡大橋(パールブリッジ)のきれいに輝いた、七色のイルミネーションを見ながら歩く。 夜の静けさも快い。


最近は気候の良い時期は月に3〜4日位遠くへ出かけている。 それは山陽、阪神、阪急等が開催する、山歩き、町歩きに参加している。 主として町歩きを楽しんでいる。 各社の沿線にある神社仏閣、名所、旧跡、旧家屋、近代建築遺産等の重要文化財を見ることができる。 その地域の歴史を知り新しい発見をすることが多い。 時には宮司、神主、住職からその社寺の由緒を聴く機会がある。 ビール工場を見学した時には、おつまみ付きで缶ビールを土産にもらったことがある。 うれしい。 何か得をした気分にさせてくれる。 また、梅や桜、ぼたん、バラ、コスモス等花の咲く時期に合わせた名所を巡ることもある。 このように町歩きは楽しいことがたくさんある。


私鉄が開催している町歩きは、参加料が無料で、スタート時刻も10時前後。 地図をもらって、引率者と共に歩く事が多い。 所々に方向標示が電柱等に貼ってあり、道に迷うことはない。 参加者が多いので、歩きにくいぐらい。 横断歩道等の危険な場所には見張りの人が配置されたりして、安全、安心に歩くことが出来る。 歩く距離は大体10k前後で所要時間を4時間〜5時間ぐらい見込んでくれているので、ゆっくり歩いても大丈夫である。 私は、神社や寺には参拝している。 そして、付近の風景をビデオ撮影したりして、あちこち見て、自由にマイペースで歩いている。 それでも制限時間の30分前ぐらいにはゴールに到着している。 ゴールでは参加者の証に参加カードにスタンプを押してくれる。 ゴールで抽選会があったりして賞品がもらえる。 私はまだ当たったことがない。 また参加回数によって、表彰してもらったり、参加メダル、賞品をもらうことがある。


家に帰る前に、駅の近くの「餃子の○○」で餃子を食べ、ビールを飲むのが楽しみであり、美味しい。 飲んでいると一日の疲れが取れたようになる。 幸せを感じる時である。 私が遠くへ出かける日。 亭主元気で留守がいい。 妻は機嫌がいいように感じられ、家族の平和・円満が保たれているように思われる。

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年4月25日
(撮影日:2017年04月25日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ   公式Facebookページ

カレンダー

2017年 5月

30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123