リレーエッセー 第84弾

定年前の身辺整理

中村 範夫(II22EA)


私は、昨年に楠ヶ丘会常任理事(総務部)に就任させていただきました。 新米ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 平成26年3月末で神戸市役所を定年退職し、4月から引続いて市役所で再任用職員として勤務する予定ですが、定年前にして現在取り組んでいる「身辺整理」の状況を紹介させていただきます。

定年については今まで他人事のように考えていましたが、サラリーマンであれば誰もが経験するものです。 定年数か月前までは実感はありませんでしたが、3月に入りあと半月となると送別会が続き、事務引継準備もありいよいよ退職するのだという実感が湧いてきた今日この頃です。


「身辺整理」は職場の事務引継ぎに加えて、自宅での身辺整理を行うことですがこの作業はたいへん難航しております。 整理の対象は、私の部屋や納戸等に散乱している過去40年間の私物で、主なリストは次の通りです。

  1. 紙類・・・書籍・雑誌、名簿、職場・学校・有志・サ−クル等の関係資料、写真・アルバム、旅行先での絵ハガキ・観光チラシ、旅行日程表、海外旅行で残った紙幣・コイン、使用済の各種入場券・切符類、名刺、手帳、領収書、給料明細、新聞の切り抜き、家電・OA機器の取扱説明書、年賀状、友人や故郷の母からの手紙(S40年代後半〜) 等 ⇒整理、処分のためバインダーやファイル等で整理しているが、煩雑でかなりの日数を要する見込み。
  2. ガラクタ、雑品・・・旅行の土産・民芸品、文具類、衣類・ネクタイ、大小カバン、弦が切れたギター、錆ついたスキー板、釣道具一式 等 ⇒大半がゴミだが思い出もあり、整理・処分できていない。
  3. OA、光学機器等・・・新旧パソコン5台(DOS/V&Win95、Win98、XP、Win7、Win8)、今は誰も使っていないポ−タブルワープロ3台(OASYS)、古いパソコンソフト(一太郎、桐、マルチプラン、ロータス123、ゲ−ムソフト)、OA用データ<3.5FD300枚、CF30枚、SD30枚、USB30本>、新旧カメラ7台(一眼レフ、高倍率ズーム、35mm、デジカメ、8mmビデオ)、双眼鏡3台、天体望遠鏡一式 等 ⇒一部現役品もあるが大半が粗大ゴミ、愛着と懐かしさもありなかなか整理、処分できない。
  4. 音楽・映像関連品・・・コンポステレオ1台、ラジカセ1台、音楽カセットテ−プ300本・LPレコ−ド40枚・ド―ナツ盤100枚(S40年代〜)、音楽CD200枚、MD20本、VHSテープ100本・8mmビデオテープ200本(S50年代〜:TV録画、子供の成長記録等)、DVD400枚、Blu-ray150枚 等 ⇒これらの機器やソフト媒体は嵩張ることもあり整理、処分に試みるが、かなりの根気と時間を要するため整理作業は中断状態。

この1か月間、私の部屋はこの身辺整理により足の踏み場がないゴミ屋敷状態となっています。 この身辺整理のメリットは整理整頓により部屋がすっきりし快適になること、それ以外に所在不明で長年探していた大切なものが見つかること、特に20年以上存在を忘れていた預金通帳や封筒入り現金5万円(へそくり)が見つかったときはニンマリ、身辺整理も楽しいものです。


何故このような雑多で大量のゴミと付き合うことになったかを自己分析しますと、私は元来整理がたいへん苦手であること、物に執着するタイプであること、周辺が散らかっていても全く気にならないこと、転勤があっても神戸市内部署のため引っ越しする必要がなかったこと等が要因と考えられます。 この物(ゴミ)の所有量や内容は人それぞれで、年代、性格、生活パターン、転勤族(海外勤務)の可否、家族構成、家の形態(戸建、マンション、社宅、賃貸、間取り)等に左右されるものと思われます。

今回の身辺整理では、「何故この様な多くの物(ゴミ)が必要なのか?」を自問自答しながらの毎日です。 阪神淡路大震災や東日本大震災などにより被災し家屋含めて全て失った人のことを考えると、これらのゴミは即刻廃棄できるはず。 このゴミ類は私が亡くなっても殆ど役に立たないし、金銭的価値もなく粗大ゴミとして葬られる運命でしょう。 ところが、この雑多なゴミと同居していると妙に安堵感を感じていますが、それは整理ができない言い訳か神経が麻痺しているのかも知れません。


最近、人生の終末に備えて身辺整理する「終活」(相続用エンディングノート作成等)がクローズアップされていますが、超高齢化社会の到来・核家族・少子化等もありその必要性もあると思われます

前述の通り私にとって身辺整理は困難な作業ですが、適宜の身辺整理は物だけでなく自分という存在を整理・客観視でき、日々の生活にもプラスになるような気がします。 また、「終活」にもつながるため、この身辺整理を生きがいの一つとしたいと考えています。 ただ、ゴミがすっかり片付き身辺整理が終わってしまうと大事な生きがいが無くなる危惧もあるため、マイペースで楽しみながら取り組んでいきたいと思っています。

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年10月24日
(撮影日:2017年10月24日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ
公式Facebookページ

第21回講演会の模様  NEW


カレンダー

2017年 11月

2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012