東海支部

東海支部報告

    • 1)平成27年度同窓会
      1. 開 催 日 平成27年7月26日(日)
        場  所 名鉄グランドホテル18階 中華レストラン「涵梅舫(カンメイホウ)」
        来  賓 岡本崇男氏 神戸外大初代副学長
        清水啓司氏 神戸外大経営企画グループ
        特別参加 島津政子氏 滋賀県栗東市より
        加藤規子氏 千葉県富津市より
        講  演 山本恵里子氏(S55年卒・E)
        「外大からアメリカ留学へ〜手探りでの研究者生活を振り返って」
        <概 要> 大学より初代副学長の岡本崇男氏と事務局より清水啓司氏をお招きし、例年より約1ヶ月ほど遅い日程で開催。 今年も特別参加として他支部からお二人の参加を頂いた。 また今回お仕事の関係上、遠路遥々関東地区からお越し頂いた方もいた。 本部・大学側からは、いよいよ来年6月に開催予定の創立70周年事業のあらましが 説明されるとともに、同窓生各位からの多大な協賛に対して御礼の言葉があった。 当初30名を越える参加の声があったが、諸事情のため27名の出席となった。
          恒例の講演は、山本恵里子氏による合衆国留学体験にまつわる苦労話とその恩恵について。 就職率100%を誇る外大ではあったが、4大卒の女子には大変厳しい80年代。就職活動では、 明白な男女差別と下宿生活の女子学生という越え難いハードルの存在に幻滅し、合衆国留学への道を歩む。
          苦労して獲得した公的奨学金のおかげで、合衆国では人生最大の転機が迎えられ、 日系移民史やオーラル・ヒストリー分野での研究に没頭できる幸運を掴む。しかし、 今度は結婚・出産に絡んで女性が社会に進出していく難しさを実感させられる。 家庭と仕事のバランスをどう取るか試行錯誤を繰り返したと述懐された。見えない未来に希望を託し、 自分を信じる力を持ち続けることが大切と、若者へのメッセージで締めくくられた。
          いつもながら、幅広い年齢層による顔ぶれから参加を頂き、それこそ知的 レベルの高い話題が飛び交う、東海支部の雰囲気には感心させられる。 予定時間をはるかにオーバーして散会するも、いつまでも名残を惜しむ光景が印象的だった。
        本部より佐藤晴彦副会長のご出席を頂く予定であったが、ご不幸と重なり出席頂けなかったのは残念であった。
    • 2)平成28年度同窓会開催計画
      1. 開 催 日 平成28年7月24日(日)
        場  所 名鉄グランドホテル18階 中華レストラン「涵梅舫(カンメイホウ)」
        講  演 佐野 馨氏(H 24年E卒・現在名大大学院在学中)
        「古典語と私」(仮題)
    • 3)その他
      1. 来年度同窓会の席には、同窓会長・木村榮一先生をお招きすることで内諾を頂いている。多数のご参加をお待ちしています。

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年8月29日
(撮影日:2017年08月29日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ   公式Facebookページ

カレンダー

2017年 9月

272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930