マドリード支部

楠ヶ丘会マドリード支部設立によせて


マドリード支部長 水谷奈津


先日の6月3日の総会で承認いただき、マドリード支部設立となりました。

スペインで暮らし始めて今年で10年が経つのですが、日本人が多く住む都市であるにも関わらず、長らく神戸外大卒の方と知り合う機会はありませんでした。 それがほんの数年前に、駐在員としてマドリードで勤務されていた外大卒の大先輩と仕事の関係でお会いし、そこから現マドリード支部のみなさんと知り合うことができました。

みなさんそれぞれのフィールドでご活躍されているのですが、神戸外大で同じ先生方から学んだという繋がりを持つ同窓というのは、年齢も立場も全く異なる人々が集まることのできる不思議なものだなとつくづく感じています。 年に数回集まって食事をして、近況報告や先生方の思い出話に花を咲かせています。

私の学生時代はインターネットもまだそれほど浸透しておらず、図書館のパソコンを使ってメールを送るのがやっとでした。 留学専門誌から情報を得、語学学校に直接電話をし、手紙を書いて、留学の準備を進めたものですが、今ではスマホで簡単に情報を集めることができます。

しかし、実際に現地に住んでいる人間が持っている情報ほど新鮮で確実なものはないのではないかと考えています。 言葉ひとつをとっても、一年、二年というスピードで廃れ、また新しい意味合いが次々と現れています。 制度、習慣といったなかなか表に出てこないことも日々進化しているのは日本と同じでしょう。

外大出身者の食事会は、ただ会話を楽しむ時でもありますが、各分野で得ている最新情報の交換といった非常に有益な時間でもあります。 そういった現地の情報を現役生、また日本や各国でご活躍されている皆さんへなんらかの形で今後お伝えすることができれば、と考えています。

これからスペインへ留学しようと考えている学生のみなさん、また、将来住んでみようと考えている方、そういった方たちとのコネクションのひとつとなり、また現地で活躍しておられる方同士を外大卒という関係でつなぐことができればと思います。

小さい規模ではありますが、今後少しずつ外大生にとっての日本とスペインの架け橋となれるように、活発な活動を心がけていきたいと思っています。

第一回目の食事会はマドリード中心地にある中華料理レストランで行い、その後はランドマーク、グランビア沿いにあるホテルでお茶をいただきました。

歩道部分を拡張する工事がなされており、まもなくすっかり様変わりするグランビアをバックに記念撮影。

最後に、今回のマドリード支部設立には西川喬先生にお力添えいただき、一同感謝しております。 これほどスムーズに設立を承認いただけたのは先生のおかげです。ありがとうございました。


被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2019年3月22日
(撮影日:2019年3月22日)

過去の写真へ>>




カレンダー

2019年 3月

242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456