広島支部

広島支部第39回総会


日時:平成29年10月21日(土)11時30分から15時
会場:古民家レストラン「イル・トラゲット」(竹原市本町3-3-14)
出席者:広島支部15人、楠ヶ丘会本部 木村榮一会長

大学本部 指昭博学長、学生支援・教育グループ 小田直子係長 計18人


総会概要


開会に先立ち、広島支部設立に尽力された中倉昭能(学3C)先輩が今年5月、85歳で逝去されたことが報告され、 全員で黙とうを捧げました。

総会では、転法輪支部長(学16EC)、来賓の木村楠ヶ丘会会長あいさつに続き、 菅川事務局長(学24C)が支部活動の経過報告・新年度方針を提案、 田部会計担当(学10C)の会計報告ならびに小林監事(学16C)の監査報告が行われ、満場一致で承認されました。 来年度の活動方針としては、/靴燭併臆端圓魴泙┐襦7兮海靴道臆辰靴討發蕕Α ⊃靴燭淵ぅ戰鵐函∩躄颪里△衒を検討する。F錺欝峅颪HPを有効活用する。 し鮃増進に努める。ゼ_鸛躄颪蓮∧神30年10月20日(土)開催予定とすることの5点が確認されました。


懇親会概要


畑名誉支部長(外専2EA)の乾杯あいさつに続き、出席者全員が近況報告を行いました。 今回は初参加が3人、10数年ぶりの参加が1人です。 総会会場の「イル・トラゲット」のオーナーシェフ新崎(学21EC)さんは初参加。 「今回の縁で自分の卒業年次を改めて確認した。東京でのサラリーマン生活を終え、古民家での生活をしたいと、約5年前に竹原市へ転居。 サラリーマン時代から料理の腕を磨いてきた」と、自慢の料理をテーブル一杯に並べていただきました。 また同じく初参加で、自動車用部品開発・販売などの会社に勤める松岡(学52C)さんは「中国や韓国とも取引がある。改めて広東語の勉強を始めた」。 中国新聞社記者の松本(学55C)さんは「佐藤副会長(中国語)に誘われて初めて参加した。今年4月、共同通信から転職し経済部で頑張っている」。 また、10数年ぶりの藤井(学36EA)さんは「専業主婦です。ゆとりが持てるようになり、久しぶりに参加しました」などとあいさつがありました。

指学長は、昨年11月神戸外大をホスト校として開催した模擬国連世界大会の模様を紹介するニュースを放映、 国内外から高い評価を受け2020年の外大開催が決まったことも報告し、大会成功へ向け「ふるさと納税」制度による寄付の協力を呼びかけました。 参加者からは、ニュース放映で現役の学生が活躍する姿を見て、「凄い」「我々とは違う」と感嘆の声が上がっていました。

当日は、広島駅北口に午前10時に集合し、貸し切りバスで安芸の小京都竹原市に向かいました。 ところが台風21号の影響もあり、ポツリポツリと無情の雨・・・。 会場の「イル・トラゲット」に到着するころには、冷たい秋雨となってしまいました。 当初、総会終了後1時間余り古い町並みを散策する予定でしたが、美味しいイタリアンとワインを楽しみながら「イル・トラゲット」で話し込む人、 傘をさして散策に出かける人など思い思いのゆったりとした時間を過ごしました。 時がたつのもしばし忘れ、広島駅に貸し切りバスが滑り込んだのは夕暮れ時でした。



被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年10月24日
(撮影日:2017年10月24日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ
公式Facebookページ

第21回講演会の模様  NEW


カレンダー

2017年 11月

2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012