同学会


2018年度同学会支部活動報告


同学会会長 佐藤 晴彦


(1)同学会役員会開催

3月18日(日)、2018年度第一回役員会開催

9月 8日(土)、2018年度第二回役員会開催

いずれも10月21日(日)開催予定の第8回同学会をいかに成功裡に開催するかについて話し合う。 流動的な国際情勢に鑑み、岡田勝客員教授に急用ができた場合の対策も協議した。


(2)第8回同学会開催

2018年同学会は10月21日に母校で開催された。
天皇陛下の通訳

今回の同学会の目玉は何といっても岡田勝本学客員教授(39C・外務省外交政策調整官)の講演であろう。 岡田勝客員教授といえば、今年の5月10日に天皇陛下が李克強総理と会見された時、その通訳をされたということが、皆さんの記憶に新しいところだろう。


1.講演会   岡田勝客員教授 司会:岡本悠馬副会長 於大ホール

岡田氏の講演は、「神戸外大から世界へ―激動する世界情勢と日本外交」という素晴らしいタイトル。 自身が尼崎で育ち、小中高を経て神戸外大に進学したといういきさつをかいつまんで紹介。 この岡田客員教授が「尼崎育ち」だと分かった瞬間、会場のムードが一変した。

講演する岡田勝氏


今の中国ではホームレスへの「お恵み」もQRコードにスマホをかざしてキャッシュレスであることなど最新の中国情勢について紹介。

また習近平の中国は、中華民族は「立ち上がり、豊かになり、強くなる」ことを目指していること、 その中で「2018年の改革開放40周年」を迎えることの意味、及び「2019年の中華人民共和国建国70周年」を迎えることの意味を語った。 また、「二つの100年」すなわち、「2012年の中国共産党創立100周年」と「2049年の中華人民共和国建国100周年」について言及しつつ、 今後の中国の発展に注目であると締めくくり、万雷の拍手のもとで講演を終えた。


2.交流会    卒業生と現役学生との交流

岡田勝客員教授の講演の後は卒業生と現役学生との交流会となった。 交流会はさらに(1)報告、(2)現役学生の質問/卒業生の回答の二部に分かれている。

(1)報告

_田勝客員教授が、7月28日(土)北京大学、上海外大の学生が本学に来校し日中学生交流が実施されたことを報告。 ¬喘粟諜勸教授が引率し、8月26日(日)〜30日(木)に上海日本企業での研修。 その研修に参加した伊藤日実子さん(四年)が体験報告。



(2)現役学生の質問/卒業生の回答

現役の学生が疑問を出し、それに対し、卒業生が答え、今後の学生生活に生かしていくというもの。 質問者は今村優里さん(四年)、山本寛子さん(三年)。学生からの質問は、

|羚餮譴鬚匹里茲Δ併纏に生かせるか、

英語は必要か、実際に仕事をしていてどれくらいキープしておくべきと思うか、

C羚餮譴鮖箸錣覆ぞ豺隋△匹里茲Δ平種につくのか等々。

現役学生の質問に答える卒業生:左から澤田 麻由美(さわだまゆみ)さん(58C)、逢坂 理嘉(おおさかりか)さん(59C)、中條 雄貴(ちゅうじょうゆうき)さん(66C)





学生の質問に対し、卒業生はそれぞれの立場、経験から回答した。


3.総会   

司会:中野貞弘事務局長

(1)会長挨拶

『儒林外史』第21回に"出席"という語がある。この"出席"は「席から出る、中座する」という意味で現代語とは真逆。 こんな身近な語でも意外に分かっていないことが多いという。


(2)来賓紹介   竹越孝教授、任鷹教授

竹越孝教授は、2019年5月に本学で開催される國際中國語言學學會第27回年次大會(IACL-27)に対して、 同学会会員から多額の寄付があったことへのお礼と更なるご協力をと呼びかけた。


(3)会務報告・会計報告(中野) 監査報告(竹内)

平成28年11月6日同学会開催  会誌『楠ヶ丘』及びホームページに

平成30年3月18日第1回  平成30年9月8日第2回役員会開催


(4)役員選出

役員は役員会提出の原案通り、承認された。

*終了後、報告了承事項として、一昨年度からの本部に倣い、今年度より役員に交通費実費を支給する。 字幕(一文字印刷)謝礼など従来役員自腹であったものも同様とする。



4.懇親会   司会:中野事務局長  於三木記念会館
懇親会の司会・中野貞弘事務局長

(1)会長挨拶   省略

(2)乾杯:原田松三郎神戸外大名誉教授


(3)歓談
原田松三郎先生
原田松三郎先生
歓談する34期生
歓談する34期生
ハイ、記念にパチリ34期生
ハイ、記念にパチリ34期生
カンパ〜イ35期生
カンパ〜イ35期生
記念に岡田氏とパチリ
記念に岡田氏とパチリ
記念に岡田氏とパチリ
記念に岡田氏とパチリ

(4)校歌斉唱

全員が起立して校歌を斉唱。 途中、中島誠一元応援団長(14C)が担ぎ出され、現役時代を彷彿とさせるような応援リーダーとしてエールを送った。


(5)集合写真

2018年同学会集合写真


(6)閉会

2019年度事業計画


同学会2019年度事業計画を報告いたします。

同学会2018年度活動報告で書きましたように、2018年度同学会総会は、卒業生と現役学生との交流ということを目指して開催し、大変好評を博しました。 このことを踏まえ、2019年度の活動は、2020年度開催予定の第9回同学会総会に向け、卒業生と現役学生との交流ということを念頭におき、その準備に努めたいと考えております。

まだ日程など最終的には決まっていませんが、2020年10月を予定しております。

また当日講演をお願いする予定の講師とは目下交渉中であります。

以上

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2020年11月24日
(撮影日:2020年11月24日)

過去の写真へ>>







行事・催し物案内

【2020年11月】

・ウィメンズくらぶ

講演会・交流会

11月29日(日)13:30〜

三木記念会館


【2020年12月】

・大学指定休日

(楠ヶ丘会館は

ご利用になれません)

12月21日(月)・

12月25日(金)


過去の行事・催し物


事務局からのお知らせ

会誌「楠ヶ丘」第60号へのご投稿のお願い

calendar

2020年 11月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345