同学会

同学会平成28年度活動報告


神戸市外国語大学中国学科同窓会 同学会会長 佐藤 晴彦



同学会平成28年度の活動を報告いたします。

(1)2016年度役員会

2016年3月19日役員会を開催し、2016年度の総会で何をメインにするかという話し合いをした。 はじめは、2014年度総会で好評であった『唐山大地震』に続き、2016年度も中国映画を上映するという方向で話が進んでいた。 しかし、討議の結果、同学会をもっと現役学生との交流の場にした方がいいのではということになった。 同学会は同窓会なので、卒業生の親睦をはかるというのが主たる役割だが、現役の学生は将来の卒業生と考えれば、もっと卒業生と現役の学生とが密に交流してもいいのではないか。 そうした若い人を交えた方が同学会の活動自身もさらに活発になるのではないか。 そのような考えから、総合テーマを「現役の君と卒業後の「君」―今、学んでいることを将来にどうつなげる?」と決め、同学会を卒業生と現役学生との交流の場にしようということになった。 大泉純子氏の講演も総合テーマに即した恰好でお願いした。


(2)2016年度同学会総会開催

日時2016年11月6日(日)

当日は80名の参加者を得て、盛大に行われた。 全体は〜躄顱↓講演会、8鯲会、ず親会という構成になっている。


〜躄颪任蓮⊇仞兵埔匆陝¬魄・理事紹介及び承認、支部活動報告、平成28年度決算報告を行い承認された。


講演会では大泉純子氏(C40、読売テレビ勤務。02年5月〜06年4月NNN上海支局長)に「25年前の私、現在の私―テレビの現場と中国」というタイトルで講演していただいた。

読売テレビを受験した際のエピソード、NNN上海支局長として派遣された際の体験談、派遣されるまでの経緯などを軽妙な語り口で紹介され、長年報道の現場にいた人ならではの興味あるお話で、参加者は聞き入っていた。

講演中の大泉純子氏

8鯲会

講演者がマスコミ関係だったので、学生からマスコミ関連の質問が出るかとも思われたが、やはり日中貿易など商社関連の質問が多いであろうと予測し、回答してもらえると思われる卒業生に、予め回答をお願いしてあった。 住友商事に勤務し、現在住友商事長崎支店長の職にある木戸郁穂氏(C32)である。

また交流会を円滑に進めるため、二人の現役学生に予め質問を準備してもらった。 しじ谷翼(しじたに・つばさ 「しじ」は糸偏に戚)さんと當間美波(とうま・みなみ)さんである。 出された質問を木戸氏に伝え、回答の準備をしていただいた。

質問には、

(1)外大で学んだことは、今の仕事でどのように役に立っていますか?

(2)中国学科卒であることのメリット、またデメリットを感じた経験はありますか?

(3)学生時代と社会人になってからは、中国に対する考え方に変化はありましたか?

(4)学生の時にしておけばよかったと後悔することはありますか?

等々があり、中国学科の学生であれば、恐らく大半の人が聞きたいと思うような質問ばかりで、現役の学生を代表しているような質問であったとおもわれる。

木戸氏にはそうした質問に一つ一つ丁寧な回答をしていただいた。

回答する木戸郁穂氏
質問するしじ谷翼さん
質問する當間美波さん

ず親会

80名が参加した懇親会は大変賑やかだった。 乾杯のご発声は北基行理事(C6)にお願いした。 参加者思い思いに歓談し、あちこちで談笑の輪ができて、皆さん非常に楽しそうだった。 参加者の楽しげな様子を見ていると、開催準備のための疲れなどふっとんでしまう気がした。 役員・理事の皆さんご苦労さんでした。

今回の同学会も学生スタッフが全面的に協力してくれ、縁の下の力持ち的役割を果たしてくれた。感謝感謝です。

乾杯の発声をする北基行理事
全面的に協力してくれた学生スタッフ
全体の集合写真。80名が集まると圧巻です。

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年11月28日
(撮影日:2017年11月28日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ
公式Facebookページ

第21回講演会の模様  NEW


カレンダー

2017年 12月

262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456