東海支部

東海支部報告


1)平成28年度同窓会

  開 催 日 平成28年7月24日(日)

  場  所 名鉄グランドホテル18階 中華レストラン「涵梅舫(カンメイホウ)」

  来  賓 木村榮一氏 楠ヶ丘会会長

       中野貞弘氏 楠ヶ丘会事務局長

       船山仲他氏 神戸外大学長

       白井雄飛氏 神戸外大経営企画室係長

  特別参加 伊藤 明氏 京都府木津川市より

       加藤規子氏 千葉県富津市より

  講  演 佐野 馨氏 平成24年英米学科卒「古典学と私」


   概  要 

楠ヶ丘会本部より、木村会長及び中野事務局長、大学からは船山学長と白井経営企画室係長の4名をお招きし、 例年通りの規模で開催できた。

まずは、大学創立70周年記念事業にむけて同窓生からの多大な寄附・協力に感謝の意が述べられるとともに、 6月の式典が滞り無く開催できたことの報告があった。

記念事業としては、日本初の「模擬国連世界大会」が11月に控えており、ますます外大を世界に発信していくためにも、 同窓生への更なる支援・協力の要請があった。

恒例の講演は、外大英米学科から西洋古典学の象牙の塔に入った若き研究者・佐野さん。

近頃、大学への実学に偏る風当たりをよそに、古典文学の面白さを熱く語った。

ラテン文学のオウィディウスからギリシャ文学のホメロスまで、実に3000年の時空を越えた文学研究のお話だった。

佐野さんのご専門はホメロスの『イリアス』。

トロイア戦争を扱う壮大な叙事詩に、ギリシャ軍及びトロイア軍の英雄アキレイウスとへクトールの描かれ方の違いに 関心が向けられているとのこと。

そもそも外大の履修科目の中に、ラテン語・ギリシャ語という西洋古典語を学ぶ授業があったことをご存じない方々がほとんど。

従前とは一風変わった講演内容に驚きの色を隠せない聴衆からは、これまで忘れていた学問追求に至福の喜びを見出す佐野さんに、 惜しみない賞賛の声が上がった。

今年も、他支部からの特別参加があった。遠路遥々京都より伊藤さん、そして千葉より加藤さんのお二人だ。

それぞれ所属されている支部はさておき、東海支部への参加を最優先とされたご配慮に感謝感激だ。

また、若手の講演者に興味を持って頂けたのか、若い世代からの参加が増えたことに、これまでにない新しい潮流が訪れたと慶賀したい。

来年も若手の講演者をと、平成12年卒の本田宜嗣さんに依頼中。

本田さんは、カメラを手にして世界を渡り歩くプロ・カメラマン。楽しみなお話が期待される。

どなたかの発言にもあったが、東海支部の同窓会は、毎年幅広い年齢層による多彩な相互交流ができるという、 他に類例を見ない素晴らしい組織になっているという。

これも、ご参集頂ける先輩後輩の皆様方の高い教養と人間力の賜物と、深く感謝の意を表したい。



2)平成29年度同窓会開催計画

開 催 日 平成29年7月16日(日)12:00〜15:00

場  所 名鉄グランドホテル18階 中華レストラン「涵梅舫(カンメイホウ)」

講  演 本田宜嗣氏(平成12年中国学科卒)

『写真家 DAN HONDA 世界一周の旅より』


被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年6月28日
(撮影日:2017年06月28日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ   公式Facebookページ

カレンダー

2017年 6月

28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301