北京支部

平成28年度活動報告


北京支部 支部長 吉見哲哉(学35C)


日中関係が若干好転しつつも一進一退で中々しっくりいかない状況の中、親中派であられる横井大使が率いる日本大使館の日々の努力、 そして各企業による日中ビジネス拡大により、我々神戸外大OBの現地駐在員も苦労と模索を重ねながら公私共に充実した毎日を送っています。

その中で、今年度の北京支部は、例年同様に4回の定例会を開催し、お互いの駐在業務や生活に関する情報交換会を行いました。 6月と12月は北京語言学院などの留学生も参加する学生支援的交流会、9月と3月は駐在員同士の絆的懇親会と、メリハリをつけた交流活動に進化しています。 また、メンバーの異動もあり、昨年度に入会されたばかりの萬代恵さん(大使館)・野田英樹さん(シャープ)・岩本真理亜さん(三井物産)・橋本真里さん(学術振興会)が残念ながら帰任となってしまい寂しくなりました。 一方、新任で新たに井上明美さん(オーストラリア大使館)・米田ゆみさん・牧村理恵さん・高橋幸子さん(キャノン)・秋山美穂さん(UDS)が入会され、入れ替わりの激しい1年でした。 現在の会員数は12名(男4名・女8名)です。 近年は女性の駐在員が増えており、ここ北京でも女性の社会進出のスピードを感じる次第です。 治安の安定やインフラ整備の急速な発展で女性の駐在も以前ほど難しくはなくなったということも一因かと思われます。 今後も益々の発展を目指したいと思います。


また、数年ぶりに社会貢献活動も実施し、北京の貧しい地域の農民工小学校への草の根活動が実現しました。 会員の皆さんから寄付金を募り、12月に駐在員2名と留学生2名が集まって北京市西部の海淀区行知小学校にて電子ピアノと楽譜の寄贈(約5万円相当)を行いました。 ささやかながら寄贈式では生徒たちとの交歓会やピアノ演奏会も行いました。 レンガ造りの教室内で貧しそうな服を着た生徒たちですが、皆貧しいながらも元気で純粋で天真爛漫、このような交流ができたことは大変感動的で貴重な経験となりました。


その他、東京外大・大阪外大のOBとのゴルフコンペにも少人数ながら参加し、交流と情報交換を行っています。

以下、活動時の写真など添付致します。


1)定例会の開催

6月定例会 「北京宮」にて開催、駐在員5名(野田・松野・仲谷夫妻・吉見)と留学生9名



9月定例会 「義和雅苑」にて開催、駐在員5名(野田・井上・柴戸・高橋・吉見)


12月定例会 「海底?」にて、駐在員7名(野田・井上・松野・岩本・橋本・高橋・吉見)と留学生3名


3月定例会 「義和雅苑」にて萬代さん・岩本さんの送別会を兼ねて開催、駐在員9名

(ほか松野・牧村・柴戸・仲谷夫妻・秋山・吉見)


2)社会貢献活動

前記の通り、12月に北京の農民工小学校に電子ピアノを寄贈。


3) 会員数の拡大

天津駐在の松野さんにより、北京・天津滞在の日本人向けフリーペーパー「ジャピオン」「Whenever」等への案内を掲載し新入会者を募っています。 また、昨年度から始めた専用メールアドレス登録により入会者からの連絡が増え、5名の会員増員に繋がりました。


平成29年度活動計画

  
                      

今年度も昨年度と同様に、年4回の定期定例会の開催、留学生支援、社会貢献活動、東京外大・大阪外大OBとの交流、会員数の拡大、等の活動を行う計画です。 引き続き会員数の拡大に力を入れ、留学生らとの交流も合わせて更に活性化したいと思います。

1) 定例会

留学生も含め、多くの会員が参加できるように進めます。

例年同様、6月・9月・12月・3月の年4回実施予定。

2)留学生支援と社会貢献活動

定例会での留学生との交流のほか、OB訪問など就職活動の手助けになるような活動を行います。

また、昨年度に続き留学生も一緒に参加できる社会貢献活動を予定しています。

3)会員数の拡大

北京と天津地区でのフリーペーパー案内や専用メールを継続・拡充し、北京・天津地区におられる 神戸外大卒業生の入会に向けて情報提供を行い、会員数拡大を図ります。

以上

被爆アオギリ2世の成長

毎月更新しています!

2017年11月28日
(撮影日:2017年11月28日)

過去の写真へ>>



楠ヶ丘会関連サイト

blogbanner

楠ヶ丘会公式Blog

「アオギリの見える

小部屋から」


f ウィメンズくらぶ
公式Facebookページ

第21回講演会の模様  NEW


カレンダー

2017年 12月

262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456